MENU

太陽光発電設置後14年経過 もとがとれたか計算してみました。

今日も散歩ちゃんといったけど

新時代に家族で飲みに行ったので

カロリー取りすぎました。

伝串ピラミッド 21本 1本50円!

目次

太陽光発電設置後14年経過 もとがとれたか計算してみました。

私の家は2009年から太陽光発電を導入しました。

SHAPE の太陽光パネル(3.3KW) 導入に180万円かかりました。

補助金20万円ぐらいもらったので 

実質160万円で導入しました。

(だいぶ前なので少し忘れていますが)

当時は、まだ太陽光発電は一般的ではなかったですが

新しいもの好きの私にはたまらなく魅力的でした。

太陽光発電は、もうからない ってよく聞きますが

私の場合は、かなりプラスになっています。

なぜかというと2009年は 

売電単価48円が10年間という契約だったからです 

我が家の場合 月平均 15000円の売上がありました。

14年経過した太陽光発電 多い日は18KW発電してました。

15000円が10年で 180万円 

太陽光発電を設置すると 昼間発電した電気を優先に使うので

電気代も安くなります。

仮に月1500円分安くなったと計算して

10年で約18万円 節約できていました。

10年で 180 + 18 で198万円 38万円プラスになっています。

さらに 10年目以降のFITを卒業してからはの買取価格

48円 から 8円 に下がってしまいました。

太陽光発電の話は大好きなのでずっと話せますが

疲れたので

今日はここまでで明日に続きを書く予定です

故障などの話もあります 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次